トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ボールは上からたたく?それとも下から?

2018年8月4日 紙面から

 【質問】中学軟式の顧問をしています。打つときにボールは上からたたくのか、下からすくいあげるのか、どちらが正しいのかご指導ください。(東京都 中学教師)

 【答え】バッティングには、これが絶対に正しいという理論はありませんが、打てる確率が高い基本はあります。上からたたくダウンスイングやも、下からすくいあげるアッパースイングも決して間違ってはいません。高めのボールはダウンで、低めはアッパーでなければ打つのは難しいでしょう。ただ、どちらもバットとボールの接点が1点になりがちなため、打率はなかなか上がりません。そこで、ボールを点ではなく線でとらえるレベルスイングが一番理にかなっているといわれるのです。

 レベルスイングはバックスイングのトップの位置からバットをボールまで最短距離の軌道を通して、ミートの地点ではバットがほぼ水平になり、ボールに当たる確率が高くなります。(1)ステップしたときの肩、腰、膝は地面と平行にする。どちらかの肩や腰が上がったり下がったりしない(2)トップの位置からボールにぶっつけるイメージでバットを振り下ろす。高めはダウンに、真ん中は水平に、そして低めはアッパーになる(3)インパクトの瞬間は両足に均等に体重をかけ、体の中心(軸)を真っすぐにして振り抜く。レベルスイングは多少タイミングが合わなくてもバットに当てることができます。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ