トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

捕手は先発投手のどこに注目する?

2018年7月11日 紙面から

 【質問】中学硬式のキャッチャーです。試合前のブルペンでは、先発投手のどんなところに気をつければいいですか。いつも立ち上がりが悪いです。 (横浜市 中学3年)

 【答え】立ち上がりに点を取られた投手に私も「ブルペンでしっかり投げたのか」と叱ったことがあります。どんな投手でも立ち上がりは不安なのですから、ブルペンでのキャッチャーの役目は重要です。まず、今日のコンディションはどうなのか、好調時と比較してどうなのかを把握してください。調子がいいと感じたら「今日はいいね、これじゃ相手は打てないよ」と気持ちを乗せてあげるといいでしょう。逆に、スピードがないとか、変化球のキレも悪いときの声掛けは一番気をつかわないといけません。ばか正直に「今日はボールが来てない」などと決して言わないようにしてください。

 ブルペンでは30球くらいだと思いますが、調子がいいときは少なめに、悪いときは多めになど、日ごろから投手の特徴をつかんでおくといいでしょう。ブルペンでのスピード、変化球のキレ、いい球種と悪い球種、コントロールのよしあしなどをチェックしてその日の配球などを考えます。コントロールが甘いと感じたらコントロールに気を付けてリードし、勝負の場面ではその日の一番いい球と思うボールを投げさせます。ブルペンでは調子が悪くても、いざゲームになると全く違う場合もあります。それを引き出すのもキャッチャーの役目です。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ