トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

急に打てなくなりました。改善方法は?

2018年5月26日 紙面から

 【質問】春の大会では4番でしたが、急に打てなくなって6番に下がりました。ほとんどが一塁側のフライになります。ノーステップで足を広げて打ってみろと言われましたが、改善できませんでした。どうすればいいですか。 (中学軟式 3年右打者)

 【答え】実際にフォームを見ていないので断言はできませんが、バットが遠回りしていると思います。トップからバットを振り下ろしていくときにグリップが体から離れると、ミートまでの軌道がアウトサイドインになります。インパクトのときにボールを「たたく」のではなく「こする」スイングになります。のこぎりをひくような感じになるので、打球が弱く右方向に切れながら飛んでいきます。グリップが体から離れると、ヘッドが外から入って両肘をたたむことができなくなるからです。

 改善するには次のことに注意してください。(1)左足が着地(ステップ)したとき、肩、腰、膝を地面と平行にする(2)トップから左腕主導でバットを振り出していくとき、右肘がへその前にくるようにたたむ。右肘を右脇にくっつけるようにしてはいけない(3)ミートの瞬間、右手で強く押し込むと同時に肩、腰、膝を鋭く回転させる。

 バットがインサイドアウトに出れば、強い打球が打てます。急場しのぎのノーステップは感心しません。米エンゼルスの大谷選手の影響で、高校生や大学生でもノーステップ打法が増えているようですが、ノーステッは正しい体重移動やヘッドスピードいわゆるバットを振る力が必要で簡単ではありません。正しいフォームを覚えましょう。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ