トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

どうしたらうまくミートできる?

2018年5月12日 紙面から

 【質問】練習で羽根打ちやテニスボール打ちをすると、いい当たりが出るのに、バッティングセンターではゴロがほとんどです。どうしたらうまくミートすることができますか。 (中学軟式野球2年)

 【答え】バドミントンの羽根やテニスボールを打つときは、当たるところまで目を離さずに素直なスイングをしていると思います。一方、バッティングセンターでは力いっぱいのスイングをしていませんか。力んでの大振りはフォームが崩れて、ボールの目切りも早くなりミートの確率が低くなります。

 ミート力を上げるためには、ライナーをたくさん打つレベルスイングを覚えてください。レベルスイングは、速い球や変化球を正確にミートする広角打法です。ポイントは(1)ステップしたときに頭が突っ込んで体が前にいかないようにする。ステップの時点では両肩、両腰、両膝は地面と平行で頭は中央で動かない。(2)バットは右脇(右打者)を締めて体の近くを通す。(3)できるだけ両肩を水平に回す努力をする(4)ミートポイントは体が回転したときのへその前方にする。(5)前足でしっかり踏ん張って思い切り振り抜く−です。

 (1)から(5)が正しくできれば、バットはトップの位置からボールまで最短距離に出てミートポイントで水平にボールを打ち返すことができます。つけ加えれば、ステップはなるべく小さく投手に向けて真っすぐです。踏み出しが大きいと目線がぶれたり、体が上下するのでジャストミートの確率が低くなります。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ