トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

二刀流が目標 オススメの指導書は?

2018年4月25日 紙面から

 【質問】大谷選手のような二刀流を目指しています。ピッチングやバッティングの本は書いてあることがみんな違ってます。どんな本を選んだらいいのか教えてください。 (東京都杉並区 高校1年)

 【答え】本屋さんには、たくさんの野球指導書が並んでいるので、どれがいいのか迷うでしょうね。私を含め、ほとんどの人が自分の理論を主体に書いています。それぞれが、ほかの人と同じような表現を使わないので、いろいろ読むと、戸惑うこともあると思います。ただ、どの本も目的は同じで、コントロールを良くする投球フォームやヒットを打つための正しい打撃フォームなど基本的なことを教えています。だから、いずれも正しいのです。

 野球には投・打・守・走をはじめ、各種トレーニング、メンタルトレーニング、体をつくるための栄養学などたくさんの指導書があります。バッティングについては3割打てば一流と言われるほど難しく、これまでプロで実績を残した多くのバッターが指導書を出していますが、それでも10割打つことはできません。プロ野球経験者は、私はこうして打ったという経験から書いています。一人一理論というぐらいさまざまですから、小・中学・高校生には少し難しいかもしれません。アマチュア(高校、大学、社会人)の監督さんが書いた本がやさしい表現で分かりやすいので参考にするといいでしょう。DVD付も多数出ていますので、実際に目で確かめながら覚えることもできます。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ