トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

小学生のコンディションづくりは?

2018年4月14日 紙面から

 【質問】学童6年生のコーチです。うちのチームは毎週土、日曜日の9時〜17時が練習で、平日は何もしていません。土曜日に練習を始めると、体が動くようになるのに日曜日の午後までかかります。短時間で体が動くようにするにはどうしたら効果的ですか。 (愛知県一宮市 T・Sさん)

 【答え】質問には短時間で体が動くようにするため、心拍数を上げようと左右に動かすなどかなりハードなノックをしているとありましたが、賛成できません。以前、水曜日が半日授業だったころは学童チームのほとんどが午後練習をしていたので、土曜日でも体がよく動いていました。中学生や高校生と違って、小学生は月〜金曜日までの5日間に何もしなければ、土曜日の練習で思い通りに体が動かなくても仕方がないでしょう。

 平日の休み明けで、土曜日の早朝練習や試合がある場合は、ジョギングから徐々に体を起こしていくように少し長めのウオーミングアップがいいと思います。サッカーボールを使う、ボール運びをするなど、ゲーム感覚のランニングなどで興味を持たせる工夫も必要ではないでしょうか。これから練習や試合が始まるのに、急激なウオーミングアップで疲労を残すのは良くありません。集中力を十分に発揮するための心身の準備をするようにしてください。

 5日間の休み明けで心拍数をいきなり上げるなどはけがのもとになりかねません。小学生だけに、コンディションづくりには気をつけたいものです。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ