トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

内野併殺プレー 確実に2アウトをとる方法は

2018年4月7日 紙面から

 【質問】中学硬式野球のコーチをしています。内野全体の併殺プレーで確実に2つのアウトをとる方法を教えてください。 (東京都多摩市 Kさん)

 【答え】併殺プレーは相手のチャンスを阻止し、味方のピンチを救う重要なプレーです。内野手は自分のところに打球が来たらどうするかをイメージしながら守ることが大切です。ポジション別に説明します。

 <一塁手>捕球したら一塁と二塁を結ぶラインを基準にしてプレーをする。ラインより前進して捕ったゴロは二塁ベースの左側、後ろのゴロはベース右側に送球する。

 <二塁手>守備位置よりも右側の打球はトス、左側はスナップスローで送球すると、正しいステップで正確な送球をすることができる。

 <遊撃手>二塁手と同じように守備位置を基準に左側の打球はトス、右側のときはスナップスローで送球する。

 右打者が打ってから一塁まで走る時間は4〜4・5秒くらいです。各自がこのことをを頭の中で描いているだけで、アウトを確実に増やすことができます。

 併殺プレーは共同作業です。自分がどんなにいいプレーをしても、ベースに入る野手の動きに合わせて送球しなければ何もなりません。ベースに入るのが遅いなどと不平を言わずに、タイミングを合わせて、次の送球がしやすいように胸から顔の高さに送球しましょう。チームプレーは「思いやり」が大切です。お互いが、相手の気持ちになってプレーするように指導してください。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ