トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

急なコントロールの乱れどうすれば

2018年3月28日 紙面から

 【質問】高校でピッチャーをしています。4回をすぎると、急にストライクが入らなくなることがあります。自分では何が原因か分かりません。 (東京都豊島区 T君=高2)

 【答え】ピッチングで大切なのは、上半身と下半身のバランスで、それが崩れると、コントロールが乱れてきます。試合途中から崩れてくる原因は下半身の弱さだと思います。体は疲れていないのにバランスが崩れるのは下半身のスタミナ不足といえるでしょう。9回を投げ切るためには強い下半身が必要です。このコラムでいつも「投手は走れ」と繰り返していますが、ピッチングだけでなく「走る」ことも、投手の役割だと思ってください。

 下半身強化のためのダッシュ走とスタミナ走を教えます。ダッシュ走は30メートル×10本、20メートル×10本、10メートル×10本をインターバルを取りながら全力でダッシュします。大学では100メートルの1分間走のダッシュもよくやっています。100メートルを15〜18秒以内とタイムを決めて走って、残りの42〜45秒以内で元に戻って再びダッシュする練習です。早くスタートラインに戻れば長く休憩できますが、なかなかハードな練習でスタミナは十分につきます。70メートルをダッシュしてすぐに脈拍を測るランニングもあります。スポーツ医学のデータに基づいたトレーニング方法ですが、このときの脈拍数(大体180くらい)が大観衆で登板するときの投手の脈拍数とほぼ同じと言われています。技術だけでなく強い体をつくって完投を目指してください。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ