トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

緩急をつけた投球に対する指導法は?

2018年3月24日 紙面から

 【質問】学童野球のコーチです。Aチームになると、緩急をうまく使えるピッチャーが増えるため、泳いで打たされたり、振り遅れて空振りというのが目立ちます。緩急をつけた投球に対しての子どもたちへの指導法を教えてください。 (学童コーチ)

 【答え】学童野球は変化球禁止なので、スローボールを投げる投手が増えてきています。その技術も年々向上していて、速球と同じフォームで投げるので打者が戸惑うのも当然でしょう。小学生の場合、速い球だけを打つ練習が多く、遅い球はほとんど打っていないと思います。通常の練習から遅い球を打つタイミングを教えるのも必要だと思います。

 低学年は投球モーションを見て、タイミングを合わせるためか、ボールの速度に合わせて打てない子がたくさんいます。そのために泳いだり詰まったりします。打席では相手投手の1番速い球を頭に入れて立たないといけませんが、急に遅い球が来たときには、普段練習をしていないと対応できません。遅い球を打つときにはミートポイントでしっかり振り抜く形をつくることになるので、遅い球を打つことは、速球に対応することにもつながります。

 プロ野球で3度の三冠王になった落合博満選手(ロッテ、中日ほか)が遅いボールで練習したのは有名な話です。全国大会に出場する監督さんが遅い球対策として、バトミントンのシャトル(羽根)を打つ練習がとても効果があると教えてくれました。参考にしてください。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ