トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

膝の割れを直せば球速は上がりますか

2018年3月21日 紙面から

 【質問】中学硬式のピッチャーです。膝が割れるからスピードが出ないとコーチに言われています。どうしたら直せますか。直せば速くなりますか。 (千葉市 S君=中2)

 【答え】膝が割れる(開く)原因はいくつかありますが(1)打者に向かって体重移動する時に背中の方に重心が乗っている(2)踏み出す足が最初から本塁を向いている(3)肩が早く開く−などが考えられます。

 膝が割れるフォームを修正するには、両脚を大きく開いて、親指の付け根を内側に閉じて体重が踏み出す足(右投手なら左足)の外側にかからないように意識して投げてください。このとき、肩のラインは真っすぐホームの方に向けます。普通にピッチングする時も同じように左足の親指から着地して膝が割れるのを我慢します。ステップは目標に向けて真っすぐですが、最初からつま先を本塁に向けると、膝が開きやすくなります。左のお尻をキャッチャーに向けながら(ヒップファースト)体重移動すると体が開くのを抑えることができます。

 膝が割れない正しいフォームを覚えれば、球速は必ずアップします。ちなみに速い球を投げるには(1)腕を速く振る(てこの原理で肩を支点にして腕をむちのようにしならせる)(2)ボールを放す瞬間に指先に強い力を与える(ボールの回転数はこの指先の力に左右される)ことも大事です。変化球も強い指先に影響されるので常にボールを握って指先を強化することを心掛けてください。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ