トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ミート力を上げる効果的な練習方法は?

2018年3月6日 紙面から

 【質問】中学軟式を指導しています。腕力があって、たまに大きな打球が出る選手がいるのですが、ミート力を上げるための効果的な練習法をご指導ください。 (匿名)

 【答え】バッティングには100%打てるという理論はありませんが、確率を上げるための鉄則はあります。腕力があって当たれば飛ぶが、なかなか当たらない人にはだいたい、共通している欠点があります。(1)大振りをする(2)ヘッドアップする(3)体重が後ろに残る(4)アッパースイングになる(5)体の開きが早い−などです。ミート力を上げるには、正しい体重移動と体の中心を軸としたレベルスイングを覚えさせてください。

 力強いミートをするには正しいトップの位置がつくれないといけません。後方へ重心を移し、バックスイングから前足が地面についた瞬間に、バットは振り出しの位置(トップ)となります。ステップと同時にバットが出ていってはいけません。ステップをしてから振り出すことが大切です。

 ステップはつま先を内側に向けて踏み出し、両肩、両腰、両膝は地面と平行にします。できるだけ、その姿勢を維持しながら体の中心を軸にしてスイングをします。この軸回転を覚えると、ヘッドが下がったり、前に突っ込んだりするのを防げます。スタンドティーで練習するといいでしょう。トップの位置から最短距離にバットを出す、水平にボールを打ち返すことで、スイングの軌道が安定します。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ