トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

野球未経験で高校の監督に…指導法は?

2018年3月3日 紙面から

 【質問】進学校の高校で野球部の顧問をしています。新学期から監督をすることになりました。野球は好きですが、経験はありません。どのように指導したらいいか教えてください。 (東京都 N先生)

 【答え】強豪ではない高校には、野球未経験の監督さんがけっこういらっしゃると聞いています。先生の場合、顧問として野球部を見てこられたので、前任監督を参考にしながら自分の色を出していけばいいと思います。学業も忙しい進学校は、野球で心・技・体を磨く気持ちで接すればいいでしょう。

 「心」は思いやり。それがチームの和をつくります。「技」を磨くのは練習が好きになるようにさせることです。さらに練習に励むようになります。「体」は体格がどうこうではなく、厳しい練習にもついていける体力をつけることです。私はプロ野球時代にも、この心・技・体を大切にしていました。どんなに上手でも、どんなに体が大きくても、心が伴わないと、いい結果は出ません。

 私が考える高校の指導者の条件は次の4つです。(1)情熱をもっていること。選手とともに汗を流す姿勢を見せる。(2)相互信頼があること。先生と生徒の関係ですから心配はないと思いますが、プロでは一番重要です。(3)ほめること。欠点ばかりを指摘するのは失格です。欠点の修正には時間がかかるので、それよりも長所を伸ばしてあげる。(4)ユーモアに富んでいること。グラウンドでは生徒と一緒に笑うことができるくらいの余裕をもつことです。高校野球は「和」が大きく影響します。生徒と同じ目線で指導してください。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ