トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

「後ろ足に体重残して打て」は間違い?

2018年2月6日 紙面から

 【質問】小学3年生の子の父です。チームの打撃指導では、後ろ足に体重を残したまま打てと教えていますが、間違いですか。 (お父さんコーチ)

 【答え】バッティングは、後ろ足(軸足)に体重を残したまま打ってはいけません。体重が踏み出した足に乗らないと、バックスイングでせっかくためたパワーが伝わりません。ボールを芯でとらえても強い当たりにはならないでしょう。右打者を例に、正しい体重移動を説明します。子供たちにぜひ教えてあげてください。

 (1)構えは、右足5、左足5と均等に体重をかけて楽な姿勢をとる(2)バックスイングでは、右膝、腰の付け根の内側に6、左足に4の割合で体重をかけるようにする(3)左足をステップし振り出す、いわゆるトップのときにはまだ体重は移動させない。

 (4)振り出しでの体重移動は、頭をしっかりと体の中心に保って、腰の回転と同時に左足の膝の内側へと体重を移動させていく(5)インパクトの瞬間は、構えたときと同じように右足5、左足5と均等に体重をかける(6)インパクトのあとで、体重を左足に6と移動させ、左足でしっかりと踏ん張って振り切る(7)フォロースルーでは左足にほとんど体重がかかって、すばやく一塁にスタートを切る。

 バッティングは、投球モーションに合わせて、正しく体重移動をすることが大切です。小学生の段階で、このバッティングの基礎をしっかりつくるように指導をお願いします。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ