トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

体重を増やすにはどうしたらいい?

2018年1月10日 紙面から

 【質問】中学2年の長男は、ピッチャーです。身長は170センチなのに、体重が56キロしかありません。家では好き嫌いもなく普通に食べています。体重を増やすにはどうしたらいいか悩んでいます。野球選手の食生活を教えてください。 (川崎市 選手の母)

 【答え】相撲では体重を増やすためにたくさん食べますが、やはり胃袋を大きくしないと、体重は増えないと思います。ある高校では丼飯を半強制的に食べさせていると聞きましたが、それでもバランスのいい食事でないと意味がないでしょう。野球に限らず、スポーツ選手に大切なのは(1)トレーニング(2)食事(栄養)(3)睡眠(休養)です。よく練習して、よく食べて、よく寝る。1つでも欠けてはいけません。

 プロ野球選手の食生活を指導した栄養学の先生によると、バランスの良い食事とは(1)炭水化物(ご飯、パン、めん類など)(2)脂肪(バター、マヨネーズ、植物油など)(3)タンパク質(肉、魚、たまご、豆腐など)(4)ミネラル(牛乳、ヨーグルト、貝類など)(5)ビタミン(果実、緑黄野菜、豚肉など)の5つの栄養素が含まれている食事をするのが大切です。

 練習や試合前の食事は(1)(2)(3)を多く食べる。その中でも特に、エネルギーのもとになる(1)の炭水化物(糖質)を多めに取ってください。1日の始まりである朝食に(1)〜(5)をバランスよくしっかりと食べると確実に体重は増えます。ただし、太りすぎには気をつけてください。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ