トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

中学硬式 どんなグラブとバットがいい?

2017年12月27日 紙面から

 【質問】来年から中学硬式の息子が、グラブとバットを買ってほしいと言ってます。親として迷っています。アドバイスをお願いします。 (杉並区 Aさん)

 【答え】先日も都内の野球教室で、あるお母さんから「どんなバットやグラブがいいか」と相談を受けました。私は硬式をするからといって今すぐ買う必要はありませんと答えました。昔と違って軟式用でも、革の素材がよく丈夫にできていますから、硬式に慣れるまでの1年間、少なくとも半年間くらいはこれまで使っていたグラブでも十分です。

 体がすぐに大きくなるからといって、大きなグラブを使っている選手をときどき見かけますが、それではうまくなりません。体に合ったグラブを使いましょう。

 バットも同じです。シニアやボーイズなど中学硬式では、チーム用のバットがありますから、その中から重さ、長さ、グリップなど自分に合ったバットを探してください。バッティングは体の大きさやパワー、打撃フォームなどによって常に変化します。体調不良や練習不足のときはグリップが太く、やや軽めのバットを使い、調子がいいときは少し重くしたりしますから自分専用のバットはまだ必要ないでしょう。

 成長期の中学生は体が急激に大きくなります。ある程度、成長が落ち着いてから買っても遅くはないと思います。それよりも、硬球を打ち返すだけのパワーとスイングスピードをつけるのが先です。毎日、素振りをしましょう。 (慶大野球部元監督)

 ※次回は来年1月6日付です。

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ