トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

適性見極めて投球フォーム変更を

2017年12月19日 紙面から

 【質問】中学軟式を指導しています。コントロールが悪いピッチャーは、サイドスローかアンダースローにするといいと聞きました。どちらがいいのでしょうか。 (愛知県西尾市 匿名)

 【答え】プロ野球に入ってから投球フォームを変えて成功した投手もたくさんいます。巨人の斎藤雅樹投手コーチは成功した第一人者といえるでしょう。当時の藤田監督が、2軍で練習中の斎藤投手を見てサイドスローに変えて、一気にブレークしました。沢村賞など数々のタイトルにも輝き、通算180勝を挙げて、野球殿堂入りしました。

 投球フォームは、単にコントロールが悪いから上から横へ、または下へと変えるのではなく、変えるだけの理由というか適性を見極めることが大事です。(1)腰の横回転がスムーズかどうか(2)捕手や内野手のようなテークバックが小さい投げ方か。斎藤投手は内野手としてのセンスが抜群で大型遊撃手としても期待されていました(3)身長が低く、上からの角度が小さい(4)肩や肘を痛めたことがある、あるいは痛めやすい−などが、オーバースローからの転向を考える材料になります。

 サイドスローやアンダースローは、スピードよりもコントロールで勝負したい人に向いています。技巧派ともいわれますが、その理由はオーバースローでは難しい変化球を比較的楽に投げることができるからです。ひと昔前は、中学・高校にもサイドやアンダーがたくさんいましたが、左打者が増えてから少なくなっています。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ