トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

テスト期間中や冬休みのトレーニングは?

2017年12月6日 紙面から

 【質問】テスト期間中や冬休みはどのようなトレーニングをすればいいですか。 (茅ケ崎市 S・C君=中1)

 【答え】テスト期間中や冬休みは、だいたい2週間くらいでしょうから、日常のチーム練習ではあまりできないメニューを考えて取り組めばいいと思います。いくつか例を教えます。

 (1)バットスイング=いつもやっていると思いますが、オフの練習でも欠かせないメニューです。足腰が強くなるのはもちろん、ヘッドスピードやパワーがつきます。全体練習が再開されたときに戸惑わないように、毎日少なくとも100回以上は振りましょう。

 (2)柔軟体操・腹背筋・腕立て伏せ=毎日、風呂上がりに10分間、日課として継続して行う。

 (3)縄跳び=肩の回転運動とフットワークで下半身を強化する。

 (4)チューブトレーニング=休みの間はキャッチボールがほとんどできないので、チューブや1、2キロの軽ダンベルを使って、インナーマッスルを強化する。

 (5)ランニング=朝、夕どちらでもいいので、できる範囲で持久力をつけるための長距離走や瞬発力をつける坂道ダッシュをする。

 このような自主練習は自分との闘いです。屋外でのランニング以外は1種目10分ぐらいでできますが、たくさんやろうとせずに、今日は(1)と(2)、明日は(2)と(3)のようにできる範囲で実行すればいいでしょう。トップレベルのプロ選手たちもシーズンオフには、キャンプ初日から100%動けるようにするための体づくりをしています。(慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ