トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

スライディングがうまくなるには(上)

2017年11月4日 紙面から

 【質問】僕はスライディングが苦手です。どういう練習をしたら、うまく滑れるようになりますか。 (東京都豊島区 横井君=小5)

 【答え】スライディングが苦手だと、ヒットを打っても不安でしょう。うまく滑れるようになると、今まで以上に野球が楽しくなりますよ。苦手な理由の一つに「怖さ」がありませんか。もしもあるならば、それを取り除くことから始めなければいけませんが、ないならば、コツをつかめば意外に簡単に滑れるようになります。

 スライディングには「勇気」が必要です。一度滑ると決めたら、迷うことなく滑ることです。滑る気持ちで走りながら、ベースの前で急にやめたりすると、けがのもとになります。うまく滑るためには、まずフォーム(形)を覚えてください。地面の上で足を曲げてスライディングのフォームをつくります。最初は、1歩走ってその形で滑る、次に2歩走ってから、その次は3歩…という具合に徐々に距離をのばしながらスピードをつけていきます。

 これは、ひとりでできる基本練習で、多くの学童選手が成果をあげています。シューズをはいて芝生の上がするのが一番安全ですが、ソックスをはいて体育館でやってもいいでしょう。ベースにつく足(前足)は、スパイクの裏金がひっかからないようにするため地面から浮かせるようにします。手は地面に強くつかないように注意しましょう。次回も引き続きスライディング教室です。(慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ