トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

疲労の見えた投手への声のかけ方は?

2017年10月25日 紙面から

 【質問】中学硬式のキャッチャーです。ピッチャーが疲れてきたと感じたとき、どんなタイミングで声をかければいいのか教えてください。 (千葉県佐倉市 R君=中2)

 【答え】ピッチャーの調子は、ベンチにいる監督よりも受けているキャッチャーが一番よくわかると思います。キャッチャーが女房役と言われるのは知っていますね。ピッチャーの調子がいいとき、悪いときをしっかり覚えておくことが大切です。疲れてくると、フォームが崩れてスピードが落ちたり、コントロールが乱れたりします。その変化を見極めるのが女房役です。

 声をかけるタイミングは早いほうがいいので、ちょっとでも「おかしいな」と感じたときは、マウンドにいって、アドバイスをしてください。その方が立ち直りは早いでしょう。球が浮いているときは「ステップが広くなっているよ」、スピードが落ちてきたときは「突っ込みが早いから軸足に重心を乗せた方がいいよ」のように適切で簡単な言葉をかけるように心がけてください。

 ほかにも、自信を無くしているときは「みんなが守ってくれるから」、ストライクが入らないときは「真ん中でも打たれないよ」、肘が下がってきたら「足をもっと高く上げたらいい」などと声をかけて、日ごろのピッチングに戻してやりましょう。日ごろからコミュニケーションをとって、投手の性格や特徴などを把握しておくことも大切です。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ