トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ミート力を上げるのに効果的な方法は?

2017年10月24日 紙面から

 【質問】バッティングセンターで、月に2回、100キロの直球20球×10回ほどを打ちます。ただ打つだけではなく、効果的な方法はありますか。ミート力を上げたいと思います。 (中学軟式野球部員)

 【答え】イチロー選手が、小・中学生のころ、バッティングセンターに通っていた話は聞いたことがあると思います。学校の全体練習では打つ本数も少ないので、帰宅後の素振りなどで打撃フォームをつくらなくてはいけません。そういう意味では、バッティングセンターはたいへん意義のある練習です。1球もおろそかにできない集中力も養えます。打つ前に十分な素振りをして、初球から試合と同じ気持ちで打つ準備をすることが大切です。

 同じ球速、コースの球を10回打つのではなく、コースや高さ、変化球などをイメージしながら打つのがいいです。

 (1)真ん中(2)内角球(3)外角球(4)高め(5)低め(6)変化球−などを想定してスタンスやボールの高低を調整します。内角球は打つポイントを前にする、外角球はベースに少し近づきボールを引き付ける、高めはバットを立てるなどいろいろと考え工夫しながら打ちます。

 変化球は最も遅い60〜70キロぐらいのマシンで練習します。軸足にしっかり体重を乗せて「イチ、ニィ〜のサン」で打ちます。直球は「イチ、ニ、サン」ですが変化球は「〜の」を入れるタイミングです。ステップと同時にバットが出ていかないようにしてください。素振りのときもイメージしながら振るとより効果が出ます。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ