トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

速い球はどんなタイミングを取ると打てますか

2017年10月18日 紙面から

 【質問】秋の大会の2回戦で、速い球をみんな打てなくて負けました。速い球はどんなタイミングを取ると打てますか。どのような練習をしたらいいか教えてください。 (東京都杉並区 Y君=小5)

 【答え】試合中に監督さんが「バットを短く持ちなさい」と言いませんでしたか。普通に打っていては振り遅れるからです。速球対策を教えます。(1)バットを短く持つ=バットを短く持つとトップからミートまでのふり幅を小さくできて、コンパクトに振ることができるので、芯に当てやすくなります。(2)バットを寝かせる=ふだんはバットを立てている人も、短く持ったときは、肩より少し高いところで寝かせて構えると、よりスムーズにバットを出せます。(3)少しホームベースの近くに立つ。(4)いつもより早めにバックスイングをとる。(5)ステップの幅はいつもより小さめにする(6)振り出しは右脇をしっかり締めてバットを体の近くに通す。

 タイミングのとり方はそれぞれ違いますが、早めにバックスイングをとってピッチャーのモーションに合わせて呼吸し、ボールがピッチャーの手から離れたら息を止めて打つ方法があります。この呼吸法は集中力が増し、どんな球種にも対応できるといわれ、多くのプロ選手も取り入れています。練習のとき、早めにバックスイングをとって、この呼吸法で打ってみてください。家に帰ってからもイメージしながらバットスイングをして、タイミングのとり方をマスターしましょう。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ