トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

インステップを直す方法は?

2017年10月14日 紙面から

写真

 【質問】孫が小学1年生で野球を始めました。投球練習やキャッチボールでのステップが少しクロス気味になります。直す方法を教えてください。 (名古屋市千種区 鈴木久之さん)

 【答え】小学1年生ですか。指導が難しいかと思います。投げる動作の中で、ステップがクロスすることをインステップと言いますが、大きくクロスするなら、できる限り修正した方がいいと思います。わずかにクロスする程度ならほとんど問題はありません。一般的な修正方法を教えますから、分かりやすく伝えてください。

 キャッチボールのときに、図のように逆T字を地面に書いてください。軸足(右投げは右足)を(1)のように相手に直角に置きます。ピッチングと同じ要領ですね。次にステップする足(右投げは左足)を目標のライン上(2)のところに踏み出します。初めのうちは下を向いてもいいので、左足が正しく線上に乗るのを確認しながらキャッチボールをします。常に意識すれば、小学生は直りが早いでしょう。

 ご存じでしょうが、インステップのリスクは上半身を正対させるために体を大きくひねって、肩、肘、腰、膝に大きな負担がかかって故障につながることです。ステップの方向がばらつくとコントロールも乱れます。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ