トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ホームランを打つコツは?

2017年9月16日 紙面から

 【質問】中学2年生です。最近、ミートがしっかりできてヒットがかなり出てきたので、次はホームランを狙おうと思っています。ホームランを打つコツを教えてください。177センチ、95キロです。 (平田利広君=中2)

 【答え】野球選手にとって、ホームランは何といっても一番の魅力ですが、狙って打てるものではありません。ホームランはあくまでもヒットの延長です。確実にヒットが打てるようになってから、徐々に遠くに飛ばす技術を身に付けたらいいでしょう。ホームランにはパワーも必要ですが、君は体格もいいし、ヒットが出ているので、狙わなくても必ず打てると思います。

 ホームランを打つコツとなると、プロのレベルになりますが、君の質問に答えましょう。世界のホームラン王といわれるベーブ・ルース、ハンク・アーロン、王貞治には注目すべき共通点があります。それは重心移動です。3人とも、打ちにいくときにいったん重心を後ろに引き、それからしっかり固定した前足に重心を移動させて打っています。打球は重心移動が完璧なほど強い当たりとなって遠くに飛んでいきます。

 王さんは長打を打つ秘訣(ひけつ)は(1)腕の力だけではなく上半身と下半身をバランスよく使うこと(2)バットのヘッドを遅らせること(テコの原理)といっていますが、これはプロ野球選手にとっても、とても難しい理論です。簡単なものではありません。まずは正しい基本を身に付けてジャストミートすることを心掛けてください。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ