トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム・江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

熱中症やスタミナ不足を解消するには?

2017年6月14日 紙面から

 【質問】小6の子を持つ母親です。早朝の試合のときに朝食抜きで行くことがあります。夏場に向けて、熱中症やスタミナ不足が心配です。いい方法を教えてください。 (足立区のお母さん)

 【答え】学童の大会で午前8時の試合開始があって驚いたことがあります。しかし、早朝の試合だからといって何も食べないのは良くないですね。激しく動くのでエネルギー源がないと、スタミナが心配です。

 トップアスリートたちの食事は試合の3時間前が理想と言われていますが、小学生では無理でしょうね。寝起きの時はバナナやオレンジ(ジュースでもいい)が最適です。バナナは、ビタミンのほか、カリウムやマグネシウムを多く含んでいるので試合中のスタミナ切れを防いでくれます。オレンジのクエン酸は血液の流れを良くして、寝ていた体を早く活動状態に戻してくれます。時間に余裕があるときは、ご飯などの炭水化物を食べてください。

 夏場の試合で気を付けるのは水分補給です。私たちの小さいころは水を飲んではいけないと教わりましたが、これは間違いです。熱中症予防のためには試合の合間に何度も水分補給が必要です。できれば、スポーツドリンクや麦茶を準備してください。夏バテ防止はよく動いて、よく食べて、よく寝る、これが鉄則です。プロ野球選手は夏場をいかに乗り切るかに神経を使い、バランスのとれた食事と十分な睡眠を心掛けています。 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ