トップ > 中日スポーツ > スポーツ > コラム・エンジョイボウリング一覧 > 記事

ここから本文

【コラム エンジョイボウリング】

プロが教える「準備運動」 小林あゆみ

2013年10月18日 紙面から

しっかり準備しケガの予防を!!

 ボウリングをする前には入念な準備運動をお忘れなく。重いボールを投げるため、肩、手首、肘、膝とあらゆる関節部分に負担がかかり、故障につながる恐れがあります。できれば、筋肉痛を含めた予防をする上でもプレー後は整理運動をお勧めします。今回は小林あゆみさん(23)がレクチャーします。

写真

<1>首、手首、足首を回す

 首、手首、足首を回すのは準備運動の定番です。私は上から下に向かって順番に体をほぐすことを実践しています。準備運動も大事ですが、プレー後の整理運動も心掛けましょう。ストレッチの方法は準備運動と同じです。ある程度年齢の高い方は2、3ゲームこなすと筋肉痛になる恐れがあります。レンタル用のハウスボールの場合、手のサイズが合わなくて余計な握力が入ってしまうことが多く、指や手首に大きな負担をかけてしまいます。柔軟体操をするクセをつけましょう。

<2>肩をほぐし上腕伸ばす

 肩回りは伸ばすというよりほぐすイメージが近いです。まずは両肩を回してください=写真(上)。その後は両腕を水平に伸ばし、肘を内へ向けたり、外に返したりしてストレッチをしましょう。そのほかには上腕の裏側を伸ばす運動も。片方の腕を水平に伸ばし、肘のあたりをもう片方の手をかけて上腕の筋を伸ばしてください。また、肘を頭の後ろに向けて、同じようにもう片方の手を使って反対の肩の方に引いてみてください=同(下)。その時に上体を横にゆっくり倒すと脇付近もほぐれます。

<3>手首と前腕ストレッチ

 手首と前腕は丁寧にストレッチしましょう。腕を前に伸ばし、掌(たなごころ)を外側に向けて手首から前腕の筋肉を伸ばします。それとは反対に、手の甲を外側に向けて体の方に引き寄せます=写真。5キロ近いボールに回転を与えるため手首への負担は意外に大きいです。ストレッチを怠ると、中指、薬指の延長線上にあるけんを痛め、けんしょう炎になりやすいです。

写真

<4>下半身のストレッチ

 投球は助走を伴うため、上半身だけでなく下半身も使います。腰は前屈したり、回したりしてください。ふくらはぎやアキレスけん=写真、太ももの表と裏のストレッチもお忘れなく。腰痛や膝痛の予防にもなります。

<5>指はグーパー繰り返す

 指はグーパーを繰り返すくらいで十分です。体の中で主に使う筋肉が肩、腰、脚。指は投球時にボールを引っかけるときに使うだけですので、それほど気にする必要はありません。ただ、投球を繰り返していると、指が後ろに反らなくなりますので、指の付け根の関節はストレッチしておいてもいいかもしれません。

<6>利き手の爪は短く手入れ

 ボールを投げる方の指の爪は短く整えておきましょう=写真。伸びていると爪が割れたり、はがれたりする恐れがあります。ボウリング場のフロントには貸し出し用の爪切りが常備されていますので、十分に手入れしてからプレーしてください。利き腕ではない方の爪はそのままで結構です。女性の中には爪を切りたくない人もいるでしょう。その方には指穴の中が滑りやすい材質になっているレディース用がお薦めです。また、指先をテーピングなどで保護することも大事です。

 小林あゆみ(こばやし・あゆみ) 1989年(平成元)11月19日生まれ、23歳。栃木県出身。159センチ、左投げ。小学5年でボウリングを始め、高校時代に国体の少年女子団体で2年連続準優勝。2011年にプロ入り(44期)。妹の小林よしみもプロボウラー。公認パーフェクトは未達成。プロ通算3勝。P★リーグでは第35戦で優勝。キャッチフレーズは「華麗なる左腕」。トミコシ高島平ボウル所属。

取材協力・トミコシ高島平ボウル 【住所】東京都板橋区高島平1の79の3 トミコシ会館3階((電)03・3936・1411) 【営業】年中無休(午前10時〜午後11時) 【通常料金】1ゲーム450〜550円(一般) 【アクセス】都営地下鉄三田線・西台駅から徒歩1分

ボウリング豆知識 日本人初プレーは竜馬?

 2011年にボウリングの日本伝来150周年を記念したポスターが作られました。そこには「日本人初のボウラーぜよ」の文言とともに幕末の志士、坂本竜馬に似た人物のイラストが。日本人で初めてボウリングをしたのは本当に竜馬なのでしょうか?

 日本初のボウリング場がオープンしたのは1861(文久元)年6月22日とされています。その場所とは長崎の出島。ボウリングサロンの開場案内広告がこの日付の地元の英字新聞「ナガサキ・シッピングリスト&アドバイザー」に掲載されたことにちなんでいます。

 ただし、竜馬が実際にプレーしたかどうかは文献にも残っていません。当時の出島に出入りし、サロンにも足を運んだ可能性はありますが、残念ながら想像の域を出ないそうです。 (鶴田真也)

(毎週金曜日の紙面に掲載。紙面では他に「P★リーガー名鑑」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ