トップ > 中日スポーツ > スポーツ > コラム・エンジョイボウリング一覧 > 記事

ここから本文

【コラム エンジョイボウリング】

プロが教える「基本ルール」 名和秋

2013年10月11日 紙面から

華麗なフォームからストライクを決める名和秋プロ=神奈川県相模原市の相模原パークレーンズで(佐藤哲紀撮影)

写真

 ボウリングの競技ルールを学びましょう。何度かプレーしたことがある方も、これを機会にあらためて頭に入れておいてください。実は知らなかったこともあるかもしれません。今回は名和秋さん(33)がレクチャーします。

1試合10フレーム

 何度もプレーした方には必要ないことかもしれませんが、初めてという方のためにルールを分かりやすく説明したいと思います。

 1ゲーム10フレームで行われます。フレームとは枠のこと。第1〜9フレームでは最大で各2球を投げられ、最終の第10フレームは最大で3球を投げられます。もちろん、2つのボールをいっぺんに投げることはできません。

 ストライクとは1度に10本のピンを倒すこと。スペアは1投目にストライクを出せなかった場合に2投目に残りのピンを倒すことです。第9フレームまではストライクを出した場合に同じフレームで2球目を投げられませんが、第10フレームだけはストライクを3度出すことができます。これを「パンチアウト」と言います。

 1投目にストライクを出せば、自動的に残り2球を投げる権利が生まれます。ただし、1投目でストライクを出せず、2投目もピンが残ってしまった場合はその時点でゲームが終了します。

 1ゲームの最高点は300です。1ゲームでは最大で12のストライクを出せます。ピンを1本倒すごとにカウントは1。ということは120が最高になってしまいます。おかしくありませんか? 

パーフェクト300点

 実はストライク、スペアを出した時には次のフレーム以降にボーナスがつくのです。ストライクを取った場合は次の2度の投球で倒したピンの数を加算することができます。スペアの場合はその次の1度の投球の得点が加わります。

 例えば、ストライク直後の2度の投球がともにガター(得点なし)の場合はボーナスがつきません。ストライクやスペアを出した後の次の投球で、できるだけピンを倒さないと高得点につながらないというわけです。今は得点計算をコンピューターがやってくれますので、どうしてこの点数になるのか分からないかもしれないですが、このようなルールがあるのです。

 1投目でストライクを出せず、残ったピンが1本以上離れた位置にある状態が「スプリット」です。厳密にはさらに1番ピンを倒している場合を指します。スプリットの場合はすべてのピンを倒しにくいので、そのような状態にならないように投げ続けることが大事になります。

 ちなみに300点満点はパーフェクトと言います。私もJPBA(日本プロボウリング協会)の公認試合で2度達成していますが、プロの世界でも非常に難しいです。

ライン踏んだらファウル

写真

 投球時にレーンに足を踏み入れるとファウル(反則)になり、その時に倒れたピンは得点になりません。それが1投目の場合、ピンを再配置した状態で2投目を投げることができます。そこで10本倒してもスペア扱いになります。レーンとアプローチの間にはファウルラインが引いてあります。それを踏んだ場合も反則になりますのでご注意ください。

 名和秋(なわ・あき) 1979(昭和54)年11月15日生まれ、33歳。東京都出身。163センチ、右投げ。東京農大一高、国学院大を経て2002年にプロ入り(35期)。父正年さんはドリラー(ボールの指穴開け技術者)、母礼子さんは元プロボウラー。公認パーフェクトは2回。プロ通算1勝。P★リーグでは第2戦で優勝。キャッチフレーズは「サイレント・ビューティー」。相模原パークレーンズ所属。

取材協力・相模原パークレーンズ【住所】相模原市中央区相模原2の7の4((電)042・755・1110)【営業】年中無休。平日午前10時〜翌午前1時(金曜・祝前日は翌午前3時まで)、土曜午前9時〜翌午前3時(日曜・祝日は翌午前1時まで)【通常料金】1ゲーム580円(一般)【アクセス】JR横浜線・相模原駅南口から徒歩3分

ボウリング豆知識 古代エジプト時代には存在

 ボウリングの起源には諸説あります。米国の国際ボウリング殿堂博物館によると、紀元前3200年ごろの古代エジプト時代には既に存在していたとされています。

 1930年代に英国人考古学者、ピートリーが、古代エジプトの豪族の子どものものとされる墳墓から円すい形の9個の石製のピンと3個の石製のボールを発掘。墳墓がつくられた時期は紀元前3200年代から5200年代とされ、これをボウリングの原型と位置付けています。

 このほかに古代ポリネシア人がしていた「ウラ・マイカ」と呼ばれる岩のピンを倒すゲームを起源とする学者もいます。また、紀元前2000年ごろにローマ帝国の兵士が目標物に向かって石を下手投げで放ったゲームがルーツという説もあります。 (鶴田真也)

(毎週金曜日の紙面に掲載。紙面では他に「P★リーガー名鑑」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ