トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

高山、来週にもアマ登録 東京五輪出場へ「ここからが勝負」

2018年10月10日 紙面から

 日本ボクシング連盟は9日、東京都内で元プロ世界主要4団体ミニマム級王者の高山勝成(35)=名古屋産大=のアマチュア登録に関する審査会を開いた。テストや面談の結果、ルールの理解などは十分と判断され、早ければ来週にも登録が認められる見通し。高山は「やっとアマチュア選手として、スタートラインに立つことができた。ここからが勝負」と話した。

 高山は昨年4月、アマ転向して2020年東京五輪出場を目指すと表明。日本連盟は元プロ選手の登録を認めていなかったが、山根明前会長の辞任で新体制となった9月の理事会で、高山の登録を認める方針を示していた。高山の代理人を務める弁護士は、アマ登録が完了次第、連盟を相手取った日本スポーツ仲裁機構への申し立てを取り下げる考えを示した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ