トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

尚弥が王座奪取一夜明け会見 天下一決戦へ闘志

2018年5月27日 紙面から

3階級制覇を伝える本紙1面を手に笑顔の井上尚弥=横浜市の大橋ジムで

写真

 ボクシングのWBAバンタム級新王者の井上尚弥(25)=大橋=が王座奪取から一夜明けた26日、横浜市内で会見。リング上でも宣言したワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)へ向け改めて闘志を燃やした。WBCライトフライ級でV3を果たした拳四朗(26)=BMB=も東京都内で一夜明け会見をした。

 わずか112秒での衝撃TKO勝利から一夜明けた井上尚には、ケガはおろか疲労の影すらなかった。話題も、今夏以降にスタートする予定のWBSSのことばかり。「モンスター」にとって日本人5人目、国内最速16戦目での3階級制覇の偉業もすでに過去のことになっていた。

 「トーナメントという形なので確実に誰が強いか分かる。そういうのがほしい。(漫画のドラゴンボールの)天下一武道会ですか」と井上尚。すでにWBO、WBAスーパー、IBFの同級3王者が参戦表明済み。井上尚も加わって4王者が集結する豪華さは確かに天下一の名にふさわしい。

 しかも、今後さらなる強豪が参戦する予定だ。「ネリ(前WBC同級王者・メキシコ)が出るよ。それ以上に驚くような選手も来る」と所属ジムの大橋秀行会長。6月に大会プロモーターが来日して日程などを決める予定で、そこから組み合わせ抽選、開催地発表となる見込み。夏以降は井上尚の周囲から目が離せなくなりそうだ。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ