トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井上尚弥、スタートダッシュ作戦 3階級制覇へ公開スパー

2018年5月17日 紙面から

WBA世界バンタム級タイトルマッチに向け、練習に励む井上尚弥=横浜市の大橋ジムで(梅津忠之撮影)

写真

 ボクシングのダブル世界戦(25日、東京・大田区総合体育館)で行われるWBAバンタム級タイトルマッチで、国内最速プロ16戦目での3階級制覇を目指す井上尚弥(25)=大橋=が16日、横浜市内の所属ジムで練習を公開。178センチの長身王者マクドネル(英国)を想定した、高く構えられたミットに鋭い連打を打ち込んで好調ぶりを見せつけた。

 「(スーパーフライ級と)1・4キロ違うだけだが体も気持ちも楽。マクドネルは過去最強の相手だと思っているが、スタートダッシュを効かせて相手が温まらないうちに序盤で(パンチを)効かせてやりたい」

 英国では超高額賞金トーナメント「ワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)」がバンタム級で開催されると正式に発表された。すでにWBO王者テテ(南ア)、WBAスーパー王者バーネット(英国)、IBF王者ロドリゲス(プエルトリコ)が参戦を表明。井上陣営にも正式にオファーが来た。

 「出る!って書いておいてください。すべてにおいてレベルアップできるチャンス。もちろんまず25日に集中ですが」と井上尚。WBSSは現在クルーザー級、スーパーミドル級で開催されており、賞金総額は各階級5000万ドル(約55億円)。勝ち上がれば各団体統一も果たせる。そんな最高の舞台も見据え、井上は必勝を期して3階級制覇のリングに上がる。

  (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ