トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

またも具志堅劇場 ニカラグアの挑戦者にコーヒー豆

2018年4月11日 紙面から

クリストファー・ロサレス(左端)にニカラグア産のコーヒー豆をプレゼントする具志堅会長(右)=東京都区の帝拳ジムで(福永忠敬撮影)

写真

 ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)でWBCフライ級王座に挑む同級2位クリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=が10日、東京都内で練習を公開した。この試合に日本新記録の16連続KO勝ちをかける王者・比嘉大吾(22)=白井・具志堅=陣営の元WBAライトフライ級王者・具志堅用高会長(62)も視察。挑戦者に珍(?)プレゼントを手渡した。

 「好きな飲み物はオレンジジュース。コーヒー? 好きじゃないんだ」

 挑戦者の言葉に、具志堅会長が一瞬肩を落とした。「ニカラグアはコーヒーが有名だけどね…」とこぼしたが、すぐ気を取り直し袋を取り出す。「これ、ニカラグアの最高のコーヒー豆。おみやげにどうぞ」。ジム近くの専門店で特注したという。好きでもない母国の名産を贈られた挑戦者は戸惑いながらも「いい香りだ」と大人の対応だ。

 もちろん、これは間近で挑戦者を観察する具志堅会長流偵察術。「挑戦者は強いよ。体幹もしっかり作ってきている」と分析した。会長はこれまでにもフランスパン、タコスと、比嘉の防衛戦ごとに相手国の名産品を挑戦者にプレゼントし、結果はすべて王者のKO勝ち。今回のコーヒー豆作戦もKO防衛の布石になりそうだ。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ