トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

山中慎介が3・1ネリと再戦

2018年1月6日 紙面から

3月にW世界戦が決定し意気込むIBFスーパーバンタム級王者の岩佐亮佑(右)と、前WBCバンタム級王者で同級1位の山中慎介=東京・飯田橋のホテルグランドパレスで(北田美和子撮影)

写真

 ボクシングの前WBCバンタム級王者の山中慎介(35)が同級王者ルイス・ネリ(23)=メキシコ=と3月1日に東京・両国国技館で再戦すると5日、所属先の帝拳ジムが発表した。両者は昨年8月に山中のV13戦として対戦。ネリが4回TKO勝ちで王座を奪ったが、試合前に禁止薬物の陽性反応が出ていたことが判明し、WBCから再戦指示が出ていた。同日はIBFスーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(28)=セレス=の初防衛戦もある。

 12連続防衛、世界戦KO勝ち9度はいずれも国内歴代2位。すでに日本ボクシング史に名を刻んだ山中が運命の再戦に臨む。連続防衛記録を断たれ、プロ初黒星をつけられたネリとの対戦が正式決定した。

 「借りを返す。現役続行を決めてから、それだけを考えて練習してきました。本当に厳しい戦いになると思うが、必ず勝つ」

 前戦では攻め込まれたところでセコンドが棄権の意志を示してTKO負け。その判断が早すぎたとの議論があったうえ、試合前の検査でネリが禁止薬物ジルパテロールの陽性反応が出ていたことも判明する後味の悪いものだった。山中には勝っていたらそれで引退とのプランもあったが、「あれじゃ終われない」と再戦へ向け現役続行を決意した。

 ネリ戦のイメージはできている。「お互いよく分かっている。ネリも様子見をせず初回から来ると思うが、それが逆にチャンス。スキができる。守りに回ったときはもっと足を使いたい」。万全の作戦で因縁の相手を迎え撃つつもりだ。

 東京都内であった記者会見中、山中は何度も「3月1日で勝ったらというような、先のことは考えられない」と繰り返した。ボクシング人生のすべてをかけて運命の再戦に臨む。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ