トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

横須賀ススム、改名後最初の大仕事 11・3ドリームゲート王座挑戦

2017年10月25日 紙面から

ジャンボの勝ち!を決めるススム(右)

写真

 9月に史上最年長の47歳でドラゴンゲート最高峰のオープン・ザ・ドリームゲート王者になった望月成晃の初防衛戦の相手に、横須賀ススム(39)が決まった。11月3日のエディオンアリーナ大阪大会で行われる。横須賀は6年間にわたって活動してきたジミーズの主力で、解散してジミー・ススムから改名後、最初の大仕事になる。

 横須賀はタッグの名手のイメージが強いが、過去に2度ドリームゲート王座を獲得するなど、シングルプレーヤーとしても実績がある。望月が新王者になった直後から王座どりをアピールし、今月5日の東京・後楽園ホール大会で「いきなり派手な仕事をしたい。(望月の得意なキックで)何発蹴られても、俺は倒れない」と正式に挑戦を表明した。

 過去に両者が王座をかけて戦ったことはなく、望月も「そのことが忘れ物のような気がしていた。受けて立つぞ」と承諾した。実は横須賀の本名は「望月」で、くしくも望月対決になる。

 横須賀の得意技は「ジャンボの勝ち!」と名付けている走り込み式のラリアット。ドラゲーは若手の台頭が激しいが、この試合はベテラン同士による激しい打撃戦になる。 (大西洋和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ