トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

八重樫東が現役続行を表明

2017年10月12日 紙面から

現役続行を決め、4階級を狙う八重樫=大橋ジムで(藤本敏和撮影)

写真

 ボクシングの元世界3階級王者で、5月にIBFライトフライ級の防衛戦で敗れた八重樫東(34)=大橋=が11日、横浜市内の所属ジムで記者会見し現役続行を表明した。階級をスーパーフライ級に上げ、国内男子初の4階級制覇を目指す。今後はノンタイトル1試合を挟んで世界再挑戦する予定。時期は未定だが、大橋秀行会長は年末を示唆した。戦績は25勝(13KO)6敗。

 静かでとつとつとした語りの裏に、固い決意があった。八重樫の現役続行、そして日本人男子初となる4階級制覇への決意だった。

 「もういいかなと思った時期もあったし、周りからは引退をすすめる声の方が多かった。だけど、最後は自分の気持ちに正直になって決めました。4階級制覇は最後の大勝負。向かう目標があるのは幸せだと思います」

 5月はまさかの1回TKO負け。出合い頭に強打を浴び、何をする間もなく敗れた。「ボクシング人生が残り少ないことは分かっている。でも、あれでおしまいにしたら悔いが残る」。納得のいく試合をしたいという気持ちが最大の原動力だ。

 今後はボクシングスタイル改造に取り組む。スーパーフライ級に上げると、激闘王の異名をとったこれまでの戦い方では打ち負けてしまう危険があるためだ。「スタイルの修正は難しいが、だからこそやりがいもあります」。すでに同門のミニマム級世界ランカー・原隆二(27)をスパーリングで倒すまでに復調。34歳は、大きな挑戦へ向けて歩み始めている。(藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ