トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

村田諒太が会心スパーリング

2017年10月10日 紙面から

田中トレーナー(左)のミットへ右ストレートを打ち込む村田=帝拳ジムで(藤本敏和撮影)

写真

 ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリストで、22日に東京・両国国技館でWBA同級王者アッサン・エンダム(33)=フランス=と再戦する村田諒太(31)=帝拳=が9日、東京都新宿区の所属ジムで練習。6ラウンドのスパーリングは、一方的に相手を追い込み強打を入れる会心の内容だった。

 「きょうは良かったです。スタンスを少し変え、プレッシャーをかけやすくなった」と村田。好調さには、もうひとつ理由がある。8日に、6歳の長男・晴道くんと3歳の長女・佳織ちゃんの運動会に参加し、リフレッシュしたのだ。

 「2人とも足が速くて。おんぶ競争にも参加して、人生で一番幸せな日だったかもしれません」。子どもたちから力をもらったようだ。

 また、帝拳・本田明彦会長は試合時にジミー・レノン・ジュニアさんがリングアナウンサーを務めると明かした。タイソン−ホリフィールド、パッキャオ−メイウェザーなど数々の大勝負をコールしたリングアナだ。大舞台の準備も着々と整っている。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ