トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

IBFスーパーバンタム王座挑戦の岩佐 勝ってフェラーリもらう!!

2017年9月5日 紙面から

後援者から贈られるフェラーリを前にポーズを決める岩佐=千葉県柏市で(神代雅夫撮影)

写真

 世界タイトルと一緒にフェラーリもゲットだぜ!! 13日のダブル世界戦(エディオンアリーナ大阪)で小国以載(29)=角海老宝石=のIBFスーパーバンタム級王座に挑む同級3位・岩佐亮佑(27)=セレス=が、世界王座奪取で、後援者からフェラーリを贈られることになった。関係者が4日明かした。車種は「458スパイダー」で車体カラーは白。中古市場でも約3000万円の超人気車種だ。

 「ヤバい。かっこいいどころじゃない。減量の苦しさも忘れますよ」。V8エンジンの鼓動を聞く岩佐の目がぎらついた。超のつく車好きで、現在も車を2台所有。家賃を削り、鮮魚店でアルバイトをしながら、その購入費、維持費などに充てている男にとって、これ以上のご褒美はない。

 贈り主はカー用品ブランド「LYZER(ライザー)」を展開する株式会社「ワールドウイング」の中川貴行社長(33)。6年前に岩佐が初めて後援者を募った時から支える存在だ。

 当時の同社は年商6億円程度だったが、現在は年商18〜19億まで成長。その間に岩佐も大きくなった。2015年に敵地・英国でのIBFバンタム級王座挑戦失敗という挫折もあったが、今回、指名挑戦者として2度目の世界戦を実現させた。

 「昔から応援していたので思い入れも強いですし、彼のモチベーションにもなる」と中川社長。それを聞いた岩佐は「モチベーション上がりすぎですよ」と、フェラーリへの憧れも拳に乗せてタイトルを奪う。 (藤本敏和)

<岩佐亮佑(いわさ・りょうすけ)> 1989(平成元)年12月26日生まれ、千葉県柏市出身の27歳。170センチ。柏市立大津ケ丘中2年で地元・柏のセレスジムに入門。セレス小林会長の勧めをうけて習志野高ボクシング部に入部し、バンタム級で高校3冠を獲得。卒業後にプロデビューした。試合のない時期は鮮魚店で働くという一面も持つ。元日本、東洋太平洋バンタム級王者。23勝(15KO)2敗。家族は父、母、姉。ニックネームは「イーグルアイ」。左ボクサーファイター。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ