トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井上拓真が復帰戦に判定勝ち

2017年8月31日 紙面から

復帰戦を飾った井上拓(中)と兄の井上尚(右)、父の井上真吾トレーナー=後楽園ホールで(藤本敏和撮影)

写真

 ボクシングのWBOスーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=の弟でWBC同級9位の井上拓真(21)=同=が30日、東京・後楽園ホールの53・5キロ契約10回戦で日本同級2位・久高寛之(32)=仲里=と昨年9月4日以来の復帰戦を行い、10回判定3−0で勝ち、デビュー9連勝(2KO)を飾った。8回に右フックをこめかみに突き刺して大流血させ、以降の猛烈な打撃戦も制す完勝だった。

 昨年末にWBOバンタム級で世界初挑戦が決まっていたが、直前に右拳を負傷する不運に見舞われた。「いい経験にはなる試合でしたが、最後(判定)までいってしまった。反省です」と反省。だが、ブランク明けで3度も世界戦を経験したベテランに勝った意味は大きい。兄・尚弥との兄弟世界王者へ向けて再び歩み始めた。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ