トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

山中、挑戦者・ネリのひげ狙う 予備検診で攻略法披露

2017年8月13日 紙面から

予備検診を終えポーズをとる山中慎介(右)と挑戦者のルイス・ネリ=ホテルグランドパレスで(北田美和子撮影)

写真

 ボクシングのWBCバンタム級タイトルマッチ(15日・島津アリーナ京都)の予備検診が12日、東京都内で行われ、王者・山中慎介(34)=帝拳=と挑戦者ルイス・ネリ(22)=メキシコ=がともに異常なしと診断された。元WBAライトフライ級王者・具志堅用高に並ぶ日本タイのV13がかかる山中は「自分でもほめられるほどいい状態」と、仕上がりの良さをアピールした。

 両者は初顔合わせ。紳士的に握手を交わした山中は「そんなに大きくない(山中170センチ、ネリ165センチ)。ひげの濃さは負けましたが、勝負はそこじゃない(笑)。ひげは目印になって当てやすい、狙いどころかな」。黒々としたネリのそれは急所の顎と頬を覆うように生えている。「同時に打てば俺の方が当たる」という「神の左」をそこに突き刺し、KOでV13度目を飾るつもりだ。

 一方、山中発言を伝え聞いたネリは「ひげは自分のスタイルだから、試合日もこのまま。パンチは当てさせない」と応酬した。両者はこの日夕、試合会場の京都へ移動した。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ