トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

村田、対戦相手は「思ったより小さい」 自信の表れ「正々堂々といい試合を」

2017年5月18日 紙面から

予備検診を終えて健闘を誓う村田諒太(左)とアッサン・エンダム=東京都千代田区で(岩本旭人撮影)

写真

 ボクシングのトリプル世界戦(20日、東京・有明コロシアム)の予備検診が17日、東京都内のホテルで行われ、出場6選手が異常なしと診断された。メインイベントのWBA世界ミドル級王座決定戦で、国内史上初となる五輪金メダルと世界タイトルの2冠を目指す同級2位・村田諒太(31)=帝拳=は、対戦相手の同級1位・アッサン・エンダム(33)=フランス=と初対面。「思ったより小さい」と印象を語り、「正々堂々といい試合を」と意気込んだ。

 エンダムが小さく見えた。予備検診での初顔合わせ。受診する様子を背後で見守り、終了後にしっかりと握手した。紳士的な両者らしく笑顔を絶やさぬ穏やかな雰囲気だったが、村田の気持ちはすでに対戦相手をのんでいた。

 「テレビの印象より小さいですね。もうちょっと大きいと思っていたんですが、僕の方が大きいぐらい。だからといって作戦が変わることはないですが」

 身長で1・6センチ、リーチで0・5センチ村田が上回る。はたから見ればそれほど差はないが、試合を3日後に控え、心身が充実した村田の目からははっきりと小さく見えた。

 自信の裏付けは、充実した調整にある。16日でジムワークを切り上げ、体重はすでにリミットまであと500グラム程度にまで落としている。「あとは微調整。体調を崩さないよう注意して疲れを抜くだけです」と風格を漂わせた。15日の実戦練習打ち上げでも「やれることはやりきった」と宣言しており、あとはゴングを待つだけの静かな心境になっている。

 エンダムもリングを離れれば温和な好人物で、笑顔の握手は試合直前とは思えない和やかさだった。「お互いトラッシュトーク(挑発)とかが好きなタイプじゃない。正々堂々と、いい試合ができると思います」。村田の意識は5・20のリングに集中している。 (藤本敏和)

 ▽アッサン・エンダム「特別な数値は何もない。すべてノーマル。いつものように自信を持っている。村田は聞いていた通りにいい人間だが、リング上ではお互いに変わるだろう。楽しみにしている」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ