トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

村田、初世界戦は5.20有明で

2017年3月12日 紙面から

有明コロシアムでの初世界戦が決まったロンドン五輪金メダリストの村田(右)

写真

◇WBAミドル級

 ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで、現在プロの同級でWBA・WBO2位、WBC・IBF4位につける村田諒太(31)=帝拳=が、5月20日、東京・有明コロシアムでWBA世界同級暫定王者ハッサン・ヌダム・ヌジカム(33)=フランス=を相手に世界初挑戦を行うことが11日、明らかになった。近く正式に発表される。

 村田の世界獲(と)りに最高の舞台が整った。これまで、米ラスベガスなど海外での世界挑戦が濃厚とされていただけに、日本開催というのはビッグサプライズと言っていいだろう。村田陣営は昨春からWBO同級王者サンダース(英国)と対戦交渉を重ねてきた。2度にわたって成立寸前までいったが、自国開催にこだわるサンダースがそのたびに拒否してきたという。そこで、浮上したのが、ヌジカム。35勝(21KO)2敗の実力者で初防衛戦となる。好試合になることは間違いない。ヌジカムは暫定王者だが、勝った方が正規の王者となる。

 WBAのミドル級ベルトはマービン・ハグラーやフェリックス・トリニダードらスーパースターが巻いたベルト。果たして村田もそのベルトを日本のファンの前で巻けるのか。「5・20、有コロ」で新たな歴史が刻まれる。

 <村田諒太(むらた・りょうた)> 1986(昭和61)年1月12日生まれ、奈良市出身の31歳。182センチ。中学1年からボクシングを始める。南京都高(現京都広学館高)で高校5冠。東洋大に進み、2004年全日本選手権初優勝。08年の北京五輪アジア最終予選で敗れ一時引退、東洋大の職員としてボクシング部のコーチ就任。09年現役復帰し、全日本選手権3連覇。12年ロンドン五輪で日本選手48年ぶりの金メダル。12戦全勝(9KO)。右ファイター。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ