ここから本文

能登立国1300年 和倉名物三尺玉 第39回北陸中日夏花火

平成30年8月2日(木)

薄暮の部=午後6時〜午後8時(音・煙花火)
夜の部=午後8時30分〜午後9時30分

※小雨決行。荒天の場合は3日(金)同時刻に順延

 1200年以上の歴史を持つ和倉温泉では毎年夏に国内でも年間30発弱しか打ち上げのない正三尺玉(しょうさんじゃくだま)を海上と夜空に一発ずつ打ち上げます。今年は能登国が立国して1300年のメモリアルイヤーを記念した和倉の夏の夜空を彩る花火となります。

 正三尺玉は「大玉花火の名人」新潟県加茂市の阿部煙火工業が打ち上げを担当します。国内で毎年わずか30発弱しか打ち上げのない正三尺玉がここ和倉の海上に一発、和倉の夜空に一発打ち上げます。

 「北陸の名匠」石川県宝達志水町の能登煙火が担当するのは四号玉から尺玉(十号玉)・スターマイン・和倉温泉の人気者「わくたまくん」をデザインした花火が打ちあがります。そして昨年、初披露され、和倉温泉夏花火の新定番となりつつある音楽スターマインがさらに内容をグレードアップして登場します。

 日本各地の競技花火大会で優勝経験のある全国で指折りの花火師たちによる日本煙火芸術協会特別作品銘品集の打ち上げは北陸地区ではここ和倉温泉夏花火でしか見ることが出来ません。

会場

七尾市和倉温泉、和倉港沖合
JR七尾線和倉温泉駅下車、バス約5分

問い合わせ

和倉温泉観光協会
TEL 0767-62-1555
北陸中日新聞事業部
TEL 076-233-4642
FAX 076-233-4646
HP http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/event/event_list7.html
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索