6月14日

シュート外したスパイクお蔵入り パラグアイ戦2発の乾

 MF乾が同点、勝ち越しの2得点。元C大阪のチームメート、香川のお膳立てで代表では4年ぶりのゴールを挙げ、試合後「(2人で)絡んで得点につなげられてよかった」と、笑顔を浮かべた。

 好機を外して迎えた前半終了後、西野監督から「スパイクに何か入っているのでは。重いんじゃないか?」と言われ、スパイクを交換して後半へ。「自分としては、ジョークとしてとらえている」と苦笑いする一方、前半のスパイクは「捨てる」と発言。一夜明けた13日、「残してあるが使う気はない」と、いずれにしても因縁のスパイクとは、おさらばすることを決めた。

 チームとしても西野ジャパン発足以来2戦連続ノーゴールの苦境を打開したドリブラー。スパイクの「まじない」が、本大会でも日本を変えるかもしれない。

中スポ 東京中日スポーツ

※ご利用のブラウザのバージョンが古い場合、ページ等が正常に表示されない場合がございます。

速報
ピックアップ
コラム・評論
日程
グループリーグ
日本代表
ランキング

Search | 検索