トップ > 富山 > 特報とやま > 記事

ここから本文

特報とやま

東南アジア 出店加速 富山、石川の人気ラーメン店

ベトナム店の開店前に栗原清会長兼社長(左手前)らの話を聞く従業員たち=ベトナム・ハノイ市で(天高く提供)

写真

日本食ブーム追い風

 北陸発祥のラーメン店では、富山ブラックで知られる「麺家いろは」を展開する「天高く」(富山県射水市)が中国を中心に十七店、「8番らーめん」で親しまれるハチバン(金沢市)もタイを中心に百三十二店を展開し、共に日本国内での店舗数を超えている。

 「国内では人気ラーメン店が飽和状態。海外で挑戦する方が断然面白い」と語るのは、天高くの栗原清会長兼社長。二〇一三年の香港を皮切りに、中国、タイ、台湾に出店。昨年十二月にはベトナムにも出した。全国のラーメン店が人気を競う東京ラーメンショーで五度も一位を獲得し、海外の有力企業から出店オファーが相次いでいるという。

 こだわるのは原材料をなるべく現地調達すること。麺やたれは現地に進出している日本の大手食品メーカーに製造を委託するが、スープに使う鶏がらや野菜は現地の品を使ってコストを抑える。

 日本での看板メニューでスープの黒さが特徴の富山ブラックももちろん出すが、激辛好きの中国では辛いメニューを提供し、土地柄に合った商品展開を心掛ける。「のびしろは無限大。今後もノウハウを生かしてどんどん展開していきたい」。二〇年までに海外で五十店到達を目指す。

 一九九二年にタイへ進出し、ラーメンチェーンの海外展開の先駆者ともいえるハチバン。現在はタイに百二十四店、香港に八店を構える。商業施設に多く、家族連れや友人グループらが訪れる。日本でも看板メニューの野菜らーめん、現地の嗜好(しこう)に合わせたトムヤムクンらーめんも人気だ。

 タイにスープ製造の自社工場を持ち、食材を供給するセントラルキッチンもある。ベトナムにも年内の初出店を目指す。後藤克治社長は三月の会見で「タイでの成功モデルを基に、繁盛店にしたい。ベトナムを第二のタイにする」と意気込みを語った。 (嶋村光希子)

    ◇

 北陸のラーメンやますずしのアジア挑戦は、富山テレビ放送「プライムニュース BBTチャンネル8」(平日午後四時半から)の十一日午後六時台「中島流!深掘りTOYAMA」で中日新聞北陸本社の中島健二編集局次長が解説します。

ますずし タイで実演販売

ますずしを販売する竹勘の竹内信善社長=タイ・バンコクのバンコク伊勢丹で

写真

 【バンコク=山上隆之】ますずし製造の竹勘(富山市)がタイの首都バンコクの「バンコク伊勢丹」で、3月22日から4月4日まで富山名産ますずしを実演販売した。竹勘によると、ますずしを海外で製造販売するのは初めて。新たに専用の材料を開発し、本物の味を再現した。

 バンコク伊勢丹の開店26周年記念祭の一環。店内で、ジェック経営コンサルタント(富山市)が富山の伝統工芸品を扱うコーナーを運営する中で、タイ人に「富山の食の魅力もアピールしたい」と、ますずしを記念祭の目玉の一つと位置付けた。

 味の決め手となる切り身は、酢と塩でしめた後、真空パックに詰めて日本から持ち込んだ。未経験のタイ人スタッフでも簡単に作れるように、ササの葉も広げた形状でパックに詰めて用意した。催事場の一角で、スタッフが押して作る様子を実演した。

 価格は1個780バーツ(約2600円)で、1日当たり100個の販売が目標。8等分にしたますずしも1個120バーツで販売した。期間中は、多くの市民らが訪れ、試食した男性会社員ターさん(25)は「この味なら、いけますね。たくさん食べられる」と太鼓判を押した。

 竹勘の竹内信善社長は「富山の味を世界に広げていきたい。そのチャレンジの第一歩。足がかりを得られたと思う」と期待を込める。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索