トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

アミザーデサッカー

 今年で十九回目を迎えるアミザーデサッカー。障害がある人とない人が交じって、共に協力し合うサッカーの大会だ。

 大会のきっかけになったのは脳性まひ患者の寺崎謙三さん。車いす生活だが「サッカーがしたい」との思いで、十九年前に県サッカー協会に直談判。グラウンドを貸してもらった。

 今では毎年、全国から数百人が集まる大会になった。中にはプロサッカーチームや全国の強豪高校の選手の姿も。そうした参加者の多くは、寺崎さんの人柄や熱意に打たれて集まっている。

 障害は個性。そう感じられる大会だ。大会は十五日からで、誰でも参加できる。みなさんもぜひプレーしては。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索