トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

3冠の夢

 全国高校総体(インターハイ)で、氷見高校男子ハンドボール部が優勝した。今春の選抜大会優勝に続き、二冠を達成した。

 六月に北信越大会を取材した際には、三年生が多く得点していたが、今回は両サイドの二年生二人が切り込んで点を入れ、活躍しているのが印象に残った。安平光佑主将は取材で「二人にはありがとうと言いたい」と笑顔を見せた。

 安平主将は「国体でも優勝し、三冠を狙いたい」と話す。エースの安平主将や清水裕翔選手は氷見市の西條中学時代に春、夏の全国大会で優勝したものの、県選抜で優勝できず、清水選手は「二冠に終わってしまった」と悔しがる。中学時代からの夢をかなえてほしい。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索