トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

忘れない

 オウム真理教元代表の麻原彰晃死刑囚の死刑が執行された。坂本堤弁護士一家殺人事件で坂本都子さんが遺体で発見された僧ケ岳のある魚津市に勤務していた時に出会った人々の顔が脳裏をめぐる。

 都子さんの遺体が見つかった山を管理する老夫婦、追悼コンサートを続けてきた有志、堤さんの友人。そして、都子さんの両親。

 私服警官が厳重に警備する中で行われた第一回追悼コンサート。信者が山中の慰霊塔を訪ねた騒動もあった。

 取材の中で、都子さんの父は語った。「オウム真理教を生み出した社会をつくったのは私たちではなかったか」。次世代の社会を導くのは今の大人。平成の大事件を忘れてはならない。 (武田寛史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索