トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

2冊とない絵本

 今年も「おおしま国際手づくり絵本コンクール」の季節が来た。寄せられる作品は、書店にそのまま並んでも違和感がないほどの完成度。戦争体験を元にした一冊はニュースで武力衝突を身近に感じる今だから、なおさら物語に重みを感じる。海外作家が手掛けた一冊は、開くと異国の空気が漂うのが良い。ベテラン作家による仕掛け絵本は手が込んでいて、からくり部分をまじまじと見てしまう。

 作り手の思いが込められた世界に二冊とない絵本は、射水市大島絵本館で見られる。私はタイトルにダジャレが効いたイラスト調の一冊が気に入った。今度の休みは子どもや友人を連れ、お気に入りの一冊を見つけてみては。会期は十日まで。 (山本拓海)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索