トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

除雪

 ハードな仕事だと思う。建設業者が担う除雪作業だ。何度も「最強」寒波が押し寄せる今冬、人々が何とか日常生活を維持できるのは、深夜から出動する除雪業者のおかげにほかならない。

 しかし、業界の内情は厳しい。「いつまで現状の除雪体制を維持できるか…」と山間地の建設業者は漏らす。公共事業は減り、建設業界に若者が集まらない。入社しても除雪作業を苦にし、建設会社を辞めた若者もいる。

 今冬は積雪量が多く、除雪が追いつかない地域もある。南砺市では、除雪に関する住民の要望や苦情が例年よりも多いという。こんな時こそ「お互いさま」の気持ちを持ちたい。除雪体制を維持するためにも。 (渡辺健太)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索