トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

好き

 新年から富山版で連載した「輝く子どもたち」。将棋やスポーツなど、さまざまな分野で頑張り、好成績を収めている子どもたちを取り上げた。その熱中ぶりに、四十三歳の記者もまだまだ老け込む年ではないと刺激を受けた。

 記者からのエールを付けたが、「好きこそものの上手なれ」という感想があった。その通りだと思うが、これがなかなか難しい。

 小学生の子どもがいる。親としては、子どもに何か好きなことに打ち込んでほしいと願うが、見つからない。そろばんや書道など、習い事も複数させているが、「好き」とは程遠い。「好きなもの、打ち込めるものを見つける」。親子ともども、今年の抱負としよう。 (加藤隆士)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索