トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

若者への投資を

 「大学にとってボディーブローのように効いている」。国立大への国の運営交付金の削減問題について、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんが富山市内での講演会後の取材に、こう答えた。「このまま続ければ、日本の科学力が急激に落ちていく」。第一線の研究者の言葉に重みを感じた。

 交付金の削減に加え、梶田さんは「世の中が短期的な成果を求めるようになっている」と批判。「じっくり研究して成果を出せる社会でないといけない」と訴えた。

 大学の運営資金が減れば、研究だけでなく、教員数にも影響が出る。研究者としての将来が描けなければ、研究の道を志す人は減る。長期的投資と考え、若者が夢を持てる支援を。 (山中正義)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索