トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

人を育む

 富山市内の小学校でイタリア料理教室を見学した。地元のシェフに料理を教わり、作り、食べる。一口ほおばったとき、児童たちの顔がパッと明るくなった。担当したシェフの一人、杉浦健一さん(49)は「食は人を育む」と話す。

 市内の調理専門学校に併設のレストランで、総勢十八人のシェフが日替わりで腕を振るい、手本を見せることで料理人の育成に励んでいる。イタリアへ留学する道も用意し「レールは敷いてある」と杉浦さん。

 富山の食べ物は素晴らしいと赴任前から聞いていたが、取材で回ってみて、食に関わる人が素晴らしいと強く感じる。財産はやはり人だ。レールが続くように私も応援したい。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索